こんな時に使えます

外出先でWEB会議する場所がない

最近、ウェブ会議の機会が増えた。外回りの営業機会も戻ってきた。商談の前後にウェブ会議をする場所が、街なかにあれば・・・

家族との場所のすみ分けが難しい

共働きで、ウェブ会議の時間がかぶると場所が足りない。子どもの生活時間と自分の働く時間が、合わない。

家では仕事に集中できない

オン・オフの切り替えができない。もともと家が狭くて、仕事のための場所を作れない。

一都三県240拠点。
働く場所を使い放題。

拠点数は、今後も拡大予定

使える場所を探す

お客様の声

利用者の方々からは以下のような声をいただいております。

営業職
Y・D さん
コロナ後、社内外でWEB会議が増え、対面商談も戻ってきた。外回りの商談の前後のWEB会議のための場所をサブスペがあればスムーズに確保できる。しかもその経費申請をする手間も省け、生産性が上がったと感じる。もっと場所が増えると利用頻度は増えると思う。まだまだ店舗数が少ないのもっと増えれば利用頻度は増えると思う。
コンサルティング職
A・K さん
以前はオフィス3割、在宅7割で勤務。在宅では、家庭事情によりWEB会議がしづらかった。今はサブスペを使って場所を仕事している。はじめ、カラオケの音が気になるかと思ったが、イヤホンをしているとWeb会議の相手には聞こえていないことを確認できた。個室なので、周りの目を気にすることなく、以前の仕事のパフォーマンスを保って仕事ができている。
営業職 部長
H・D さん
コロナウイルスの流行以降、会社として在宅勤務の方針をとった。私は、在宅勤務で十分仕事ができているが、部下によっては、自宅での作業をしづらいという声をきいていた。そんな部下にとって良いサービスだと感じている。今後、場所が増えれば利用頻度は高くなると思う。

こんな場所が使えます

サブスペは街中の空席をワークスペースとして利用できるサービスです。

カラオケボックス

完全個室なので、WEB会議ができます。しかも、ジョッキで氷の入ったお水が無料で出てくるお店もあります。外回り営業の途中の作業スペースに多くご活用していただいております。

レストラン

集中作業やアイデア出しに向いています。サブスペ特別クーポンを用意しているお店もあるので、在宅勤務の気分転換にぜひご活用ください。


居酒屋

意外と集中できる穴場のワークスペース。どのお店も徹底して清掃を行っています。居酒屋ワークを試してはいかがでしょうか。


メディア掲載事例

朝日新聞社

飲食店の空席を仕事場に、リモートワークに対応

 コロナ禍は収まるめどが立ちません。飲食店やカラオケ店などは空席がめだち、厳しい状況です。なんとか利用してもらおうと、ITベンチャー企業が面白い試みを始めました。空席(サブスペース)をリモートワークの場所として使ってもらうのです。ITサービス会社「クリップライン」(東京都品川区)は、仕事場として空席を提供するサー...

続きを確認

BRIDGE

ClipLine、新型コロナ対策で新サービス「サブスぺ」をローンチ——飲食店やカラオケボックスをワークスペース化

 動画によるサービスマネジメント支援サービス「ClipLine」を提供する ClipLine は14日、新サービス「サブスぺ」の提供を開始した。飲食店やカラオケボックスなどの空席を活用することで不足しているワークスペースの充足を実現し、店舗展開ビジネスの収益増と企業におけるリモートワーク推進を後押しするとしている...

続きを確認

日本経済新聞社

『さよならオフィス』

新型コロナで働く場所はどう変わる? オフィスの縮小移転のトレンドとあわせて、ClipLine社の新規サービス「サブスペ」についてご紹介いただきました。

使い方

Step 1

行きたい場所の空席を探す

Step 2

移動して、6桁番号を入力

Step 3

会員証画面を表示し、チェックイン

料金体系

料金体系は下記のように利用頻度に合わせて請求されます。
どんなに使っても月額5,000円を超えることはありません。

登録料は無料
ご契約後、使い始めるまでは料金がかかりません。会社内で複数名登録しても、使ったぶんだけ課金されます。
従量課金ユーザー
請求は、5,000円分を超えるまで使った分だけ請求されます。
固定課金ユーザー
どんなに使っても月額5,000円を超えないので、安心して使い放題できます。
詳細に関する
お問い合わせはこちら

いつでも
どこでも
あなたの働くを
支える
サブスペ

お申し込みはこちら
Button Text